🎠 新着 競馬予想情報



ディーランサー2

穴場のダート戦で軍資金を稼ぐ競馬予想方法
◎発売日:2020/09/18


アイ・ウイナー the Compi【ザ・コンピ】

コンピ指数ノウハウ的中率:68.9%・回収率:153.4%


イージープランナー

競馬単勝回収率147%を叩き出した穴馬狙い馬券術


競馬予想結果「中山記念(G2)中山競馬」カンパニー&横山典弘。3連単26150円

中山記念G2
2回中山競馬2日 2008年3月2日(日)
芝1800m オープン 別 16頭

モータースポーツ競馬レース結果

1着 07番 カンパニー 牡7 横山典弘 父:ミラクルアドマイヤ

耳レース前のコメント
★「先週、ビシッとやっているので今週は馬なりで。
短期間に2度遠征するので、馬体は少し減るだろうが、
叩いた上積みは見込めるよ。
最近は行き脚がつかなくなっているので、速めの流れが理想かな」
★「流れが落ち着いた前回は、直線が横一線の攻防。
ぶつかり合いながらのキツイ競馬にもなった。
距離の1800mには実績が十分あるので、うまく捌ければだね」
音無秀孝調教師

メモ競馬メモ
★中山記念過去の成績、2.4着


2着 16番 エイシンドーバー 牡6 蛯名正義 父:ヴィクトリーギャロップ(Victory Gallop)

耳レース前のコメント
★「中間は短期放牧。
体調は引き続きいいけど、
体つきが少し立派だったので直前はコースで追った。
これでちょうど良くなるはずだし、以前には2000mで勝っているほど。
距離延長も心配ないので」
★「夏場に比べると体調がいいし、輸送もあるので体はちょうど良くなるはず。
1800mの距離は久しぶりだけど、開幕週の馬場は歓迎だからね」
小崎憲調教師

メモ競馬メモ
1800m1-3-0-0)連対率100%
★中山芝初コース


ふくろ中山記念 競馬予想結果
1着 カンパニー 牡7 横山典弘
3着 エアシェイディ 牡7 後藤浩輝
4着 マルカシェンク 牡5 北村宏司
3連単 7-16-5 26150円

本中山記念 競馬予想データ
◎2007年中山記念競馬結果
◎2009年中山記念競馬結果
◎2010年中山記念競馬結果
◎2011年中山記念競馬結果
◎2012年中山記念競馬結果
◎2013年中山記念競馬結果
◎2014年中山記念競馬結果

本中山記念 競馬予想
◎軸馬:カンパニー1着
◎連馬:エアシェイディ3着、マルカシェンク4着、アサカディフィート5着。

軸馬カンパニーは先行策で直線早目に抜け出し圧勝。
いつもは後方からの競馬だが福永祐一騎手が阪急杯で騎乗の為、
横山典弘騎手に乗替で、初騎乗だが先行策で見事的中。
2着エイシンドーバーは1800mの連対を未だ外していないが
久々の距離、最近のレースの詰めの甘さと、このメンバーでだとハズしてしまった。
エアシェイディはキッチリ上がり34.1で差しては来ているが
ノリの言う通り、間に合わないパターンに当てはまった。
アサカディフィートも上がり最速33.9で差して来ているが
15番手の位置で0.5秒差の5着だし。

本中山記念 データ
東京新聞杯組が活躍
・過去6年4連対

★過去10年連対馬20頭中17頭
・芝1800〜2200mの重賞勝ち
・重賞2着+オープン特別2勝

本カンパニー データ
★通算成績23戦7勝(重賞4勝)
★叔父:ビッグテースト(中山グランドJ・JG1)

★2004年
・1月デビュー戦初勝利

★2005年
・京阪杯(G3)重賞初制覇

★2006年
・大阪杯(G2)

★2007年
関屋記念(G3)

★安田記念(6月8日、東京競馬)直行予定

本横山典弘騎手 データ
★JRA重賞制覇通算95勝目
★JRA重賞制覇14年連続
★中山記念2勝目(1996年サクラローレル)
★「前に行ったことで、(脚が)鈍るかなと思ったけど、そうでもなかったね」
★「強かったね。
先行策?スタートだけ気をつけたが、あとは考えていた通り。
馬場は良発表でもボコボコしていたし展開も読めていた。
後ろから行って届かないケースも今まで多いようなので

本音無秀孝調教師 データ
★JRA重賞制覇通算28勝目
★「寒い時季に2回使ったので、間隔を空けた方がいいと思う
きょうはペースも速くなかったからあの位置が取れたが、
ハイペースなら後ろから行けばいいわけだしね」

本競馬予想情報
「単勝1点買いで平均回収率が310%になる競馬予想法!」
平均3〜4回/1回的中、平均回収率は310%です。

あなたが競馬で儲からないのは、3連複・3連単ばかり狙ってるからだ!だから負けるんだ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック