🎠 新着 競馬予想情報

ファイナルダークホース・90.gif 馬券仙人私の愛した馬券術・90.png  

南関★ファイナルダークホース
南関東競馬でも万馬券・高配当馬券が狙える!穴馬攻略マニュアル
◎発売日:2017/12/08

サンキタ!〜3連複利益強奪大作戦〜
本命サイドから万馬券まで3連複で堅実に利益獲得を狙う競馬ノウハウです。

Nitro1
全自動「当たり馬券抽出ソフト」でもっと楽に競馬予想しませんか?

馬券的中率を上げるための超簡単なファクト/北海道の日高で産まれ育った米田勉が馬と人、人と人のつながりから的中率を上げるための超簡単なファクターを解説
騎手と調教師の組み合わせで連対率が高いことを発見!



競馬予想結果「フェブラリーステークス(G1)東京競馬」ヴァーミリアン&武豊。3連単17550円的中

フェブラリーステークスG1
1回東京競馬8日 2008年2月24日(日)
ダート1600m オープン 定 16頭

モータースポーツ競馬レース結果

1着 15番 ヴァーミリアン 牡6 武豊 父:エルコンドルパサー

耳レース前のコメント
★「取り消しの影響はない状態といえるね。
この距離が合うとは決して思っていないが、
2年前より確実に地力をつけているので、恥ずかしくないレースができると思う」
石坂正調教師

メモ競馬メモ
ジャパンカップダートレコード勝ち
★国内G1、4連勝中
★前走、川崎記念を右飛節炎で取り消し


2着 10番 ブルーコンコルド 牡8 幸英明 父:フサイチコンコルド

耳レース前のコメント
★「先週同様に今週も馬場で追った。
終い重点だったが、このひと追いで態勢は整ったね
去年ほどの力はないかも知れないが、
得意のマイルだけに前走みたいなことはないと思う。
立ち回りひとつだろう」
服部利之調教師

メモ競馬メモ
★過去のフェブラリーSの順位は5、4、2着とマイル戦向き


ふくろフェブラリーステークス 競馬予想結果
1着 ヴァーミリアン 牡6 武豊
2着 ブルーコンコルド 牡8 幸英明
3着 ワイルドワンダー 牡6 岩田康誠
馬単 15-10 3520円的中
3連単 15-10-16 17550円的中

本フェブラリーステークス 競馬予想データ
◎2009年フェブラリーステークス競馬結果
◎2010年フェブラリーステークス競馬結果
◎2011年フェブラリーステークス競馬結果
◎2012年フェブラリーステークス競馬結果
◎2013年フェブラリーステークス競馬結果
◎2014年フェブラリーステークス競馬結果

本フェブラリーステークス 競馬予想
◎軸馬:ヴァーミリアン1着
◎連馬:ブルーコンコルド2着、ワイルドワンダー3着、ロングプライド4着。

軸馬ヴァーミリアンは余裕の勝利。
上がり最速35.9で文句なしの競馬。
2着ブルーコンコルドもやはりマイルなら走るいい伸び脚。
競争中止のフィールドルージュとの対戦も見てみたかったが残念。
馬券はヴァーミリアンが絡むと配当が付かないと思い
馬単は多めに3連単は倍の馬券を買ったら
馬単3520円、3連単17550円も配当が付き
東京開催最終日を大勝ちで終えた。

本ヴァーミリアン データ
★通算成績22戦11勝(地方6戦6勝、海外1戦0勝、重賞9勝)
★2007年JRA賞最優秀ダートホース
★史上初の秋ダートG1・3連勝

★JRAダートG1完全制覇
ジャパンカップダート、フェブラリーステークス
・ウイングアロー、カネヒキリに続く3頭目

★2002年4月10日生まれ

★2004年
・ラジオたんぱ杯2歳ステークス(G3)

★2005年
・浦和記念(交流G2)

★2006年
・ダイオライト記念(交流G2)
・名古屋グランプリ(交流G2)

★2007年
・川崎記念(交流G1)G1初制覇
・JBCクラシック(交流G1、大井競馬)
ジャパンカップダート(G1)
・東京大賞典(交流G1)

★ドバイワールドカップ(3月29日・ナドアルシバ競馬場)出走

本武豊騎手 データ
★JRA重賞制覇通算252勝目
★JRAG1制覇通算61勝目
★87年のデビュー以来、22年連続JRA重賞勝利
★88年以来21年連続のG1勝利達成

★フェブラリーステークス3勝目
・2003年ゴールドアリュール、2006年カネヒキリ

★「完ぺきでしたね。
馬が堂々としていました。
スタートがよかったし、競馬も上手。
次は(出走予定の)ドバイで世界一を目指したいですね」
★「枠も良かったしスタートも抜群だった。
距離損があっても外を回ろうと思っていたが、その通り理想的なレースができた。
抜け出してからはいつもの力強い脚を使ってくれた。
これで胸を張ってドバイへ行けますね」

本石坂正調教師 データ
★JRA重賞制覇通算17勝目
★JRAG1制覇通算5勝目
★「前走取り消しの影響もなく、自信はあった。
気持ち太いかなとも思ったが、
この体重でこの勝ち方ならドバイでも期待が持てそうだ。
これで国内のダート最強馬と胸を張って言えるね。
ドバイは昨年経験しているので、今年は余裕を持って行けます」
★「体が太くなり過ぎず、鍛え過ぎず。
過去、ジャパンCダートの勝ち馬がこのレースも勝っているように、
マイルも心配しなかった。
馬がすごく自信を持っている」


大川慶次郎のパーフェクトの理由?【無料】お試し大川慶次郎情報